ユニクロの通信販売

ユニクロの通信販売は、1999年にカタログを利用して始まりました。その翌年2000年10月からはオンラインショップがスタートしています。インターネットが急速に普及していた時期だったので、店舗による販売に加え、新しい販売ルートを開拓するため、また購入者の利便性を考えて、ホームーページによる通信販売を開始したわけです。

続きを読む

ユニクロのTシャツ

ユニクロのTシャツは、人気アイテムのひとつです。何枚か、持っている方もいるのではないでしょうか。おしゃれなデザインのものがいろいろあります。
ユニクロがTシャツに力を入れている理由は、誰でも着ることができこと。、デザインによってオリジナリティや個性が発揮できることです。基本となる形はまったくといっていいほど同じなのに、プリントする柄や、細部の仕上げで違った商品にできる点は、他の商品にはない点でしょう。
また、長そでの上に半袖Tシャツを重ね着することも可能で、年間を通して需要があることも考慮されました。

続きを読む

ユニクロのベビー

従来、大人用、子供用の衣類を販売してきましたが、2002年8月から、ユニクロもベビー用衣料品の販売も開始しました。
赤ちゃんがいる方は、もちろん気づいていたと思います。これまでもいろんな店で売られていましたが、購入者にしてみれば選択肢が広がるわけです。
ユニクロにベビー服が加わったことによって、すべての年齢層に対応したわけです。
ユニクロの服は、シンプルで機能的であることが特徴ですが、ベビー衣料品にも同様な要望が多かったことが参入の理由です。

続きを読む

ユニクロのジーンズ

ユニクロで扱っているスキニージーンズが流行しています。リーバイス、エドウィンといったかつてのGパンが頭にあるおじさんは知らないかもしれません。ぴったりとしたシルエットによって、足やお尻の形が強調されるパンツです。スキニージーンズは伸び縮みしやすいストレッチ素材で作られています。スキニー(skinny)という言葉には「骨と皮ばかりの、やせこけた」という意味があり、その言葉どおり下半身にピッタリとフィットしたタイトで細身ジーンズです。着こなしを工夫することで、足を長く細く見せることができます。

続きを読む

ユニクロの店舗

ユニクロは広島市の1号店を1984年に出店して以来、店舗数を増やし急成長をとげてきました。
現在では、あちこちで目にするようになっています。
1992年には西日本を中心に約50、1994年には東日本へ進出し約100以上の店舗を展開しています。
それ以降は年間50ペースで出店し、2000年2月には390店舗に増加しました。この頃、フリースが大ヒットし、それまでユニクロを知らなかった人も知るようになりました。

続きを読む